9/24 「家族信託を活用した新しい相続対策」セミナー開催
| コメント(0) | トラックバック(0)

「家族信託を活用した新しい相続対策」というテーマで、セミナーを開催いたしました。

家族信託①.JPG

 

超高齢社会への道を進んでいる日本。併せて、認知症と診断される方も増加するだろうと予測されています。認知症になった時に自身の財産をどう管理し、どのように後世へと引き継いでいくのかも重要な課題と言えます。

セミナーでは、「遺言」や「成年後見」では解決できなかった悩みを「家族信託」という新しい手法で解決できることを、いくつもの事例を用いてお話いただきました。

不動産オーナー、また、障がいを持つお子さまのために財産を残したい方にとっても、非常に価値ある講義でした。

家族信託②.JPG

 

家族信託③.JPG

                        

メイン講師

司法書士法人オフィスワングループ・(株)ネクストイノベーション代表取締役一般社団法人民事信託協会 理事長

島田 雄左(シマダ ユウスケ)

島田講師プロフ写真.jpg

 

 

プロフィール

福岡県生まれ。司法書士。

2012年司法書士事務所オフィスワンを設立。翌年、法人化し代表に就任

主には「登記」・「相続」手続きを専門するが、士業の枠に囚われないビジネス展開で士業界の発展に貢献。近年は、家族信託を積極的に推進しており、2016年には「家族信託の教科書」を発売。また、一般社団法人民事信託協会を立ち上げ、全国の税理士と提携。講演オファー多数で、これまで全国で100回以上のセミナー開催実績あり。

 

サブ講師

株式会社セイワ地研 ソリューション事業部 グループ・リーダー

勝木 龍巳(カツキ タツミ)

勝木講師プロフ写真.jpg 

 

プロフィール

佐賀県唐津市生まれ。CFP1級ファイナンシャル・プランニング技能士。

会計事務所にて26年間勤務。相続税申告や、中小企業、アパート経営者等の相続対策、事業承継等実績は300件以上。2015年、セイワ地研に招かれ不動産オーナーの相続、事業承継の問題解決に携わる。過去にもアンペレーナ百道においてセミナー講師を数回つとめ、聴講者からは毎回多数賞賛の声をいただく。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.anperena.jp/blog/cms/mt-tb.cgi/281

コメントする