館長・井上健一よりごあいさつ

昇地先生は、知的障がい児のために「しいのみ学園」を創設されてから56年、教育一筋の人生を歩んでこられました。現在、104歳にして今年もアメリカでの老年学会に参加し、世界一周旅行を愉しんでいらっしゃいます。どうしてこんなにお元気なのか?その秘訣をご参加のみなさんに伝授いただきます。

笑いあり、体操ありの楽しい講演会。ぜひ、ご参加ください!


【昇地 三郎先生のプロフィール】
生年月日/明治39年8月16日生 (1906)(104歳) ● 出生地/北海道釧路。6歳まで旭川で過ごす。
歴経/東広島市・寺西小学校岩国中学・広島師範・広島高師・広島文理科大学(心理学科)卒。小学校・女学校・師範学校の教員を経て、福岡教育大学名誉教授。韓国大邱大学大学院長。中国・長春大学名誉教授、上海・華東師範大学名誉教授。モスクワ心理教育大学名誉教授。
ペスタロッチ賞(昭和31年)/ペスタロッチ教育賞(平成19年)/医学博士(九州大)、文学博士(広島文理大)
昭和29年、しいのみ学園を創立。昭和53年、知的障がい児通園施設社会福祉法人「しいのみ学園」理事長・園長。社会貢献活動/80年に及ぶ教育現場での経験を生かして日本国内は勿論、世界各地に赴き、幼児教育や障害児教育に関する講演を続けている。
三才児教育学会会長ブログ/http://blogs.yahoo.co.jp/shiinomi100

電話での受付はいたしません。ハガキに1住所2氏名3年齢4電話番号5参加人数(一組2名まで)6会員番号(この通信をお送りした封筒の宛名ラベル右下の番号)をご記入のうえ、裏面までお申込み下さい。11月10日(水)〆切り 先着80名様
※定員を超えた場合、電話でお断りの連絡を差上げますが、断りの電話がなければ当日参加いただいて構いません。皆様のお申込みをお待ち致しております。

充実した毎日を温かな「おもてなし」で アンペレーナライフ HAPPY LIFE in ANPERENA ご入居者インタービュー Hさんご夫婦の選択

「最後は親族が多く住む九州で暮らしたい!」とアンペレーナ百道を選びました。

入居のきっかけはどんなことですか?  
九州の兄弟や親戚から福岡に来ない?と声がかかったんです

長崎出身のAさんは関東での暮らしが長く、友人もほとんどが関東在住。第2の人生をどこで過ごすかは迷ったそうです。
「東京でいくつか施設を見て回ったけど、なかなか気に入る場所がなくて。そんなとき九州の兄弟や親戚から福岡に来ない?と声がかかったんです。最後に頼りになるのはやはり身内。福岡で探すことにしました」とAさん。

施設見学はされたのですか?
東京や福岡で多くの施設 を見ました。その中でも アンペレーナは素晴らし い環境と充実した施設 だったんです。

福岡でも数件の施設を見学したそうですが、すぐに気に入ったのがアンペレーナ百道。

「とにかく環境がいいでしょう。博物館や図書館が近くて自分のものみたい。海育ちだから海岸が近いのも気に入っています」

これだけ充実した内容を東京で探すとかなり高額になるのだとか。また西部ガスという信頼できる企業グループが運営していることも決め手のひとつ。

「これから長くお世話になるのだから信頼性は大切」とおっしゃいます。

アンペレーナで気に入っているところは?
グルメなAさんも大満足の食事楽しみながら賢く健康管理

食べることが大好きなAさんは美味しいと評判の店には足を運んでいます。

「外食もよくするし、食べたいものがあれば買ってきて部屋で食べますね。月に1回はウナギも食べますよ」

そんなグルメなAさんも認めるのがアンペレーナ百道の料理。「ダシをしっかりとるので美味しいんです。しかも健康面にも十分配慮してある。私は揚げ物、グラタン、水餃子など部屋ではなかなか作れないような料理のときによく利用します」。 コレステロールに問題があるAさんは、毎日の薬や医師からの指導など最低限の健康管理は守る一方で、美味しいものを食べる楽しみも満喫しています。

アンペレーナの暮らしは? 平日はサークル活動にも参加。初めて住む福岡を満喫する毎日

 福岡に初めて住んだAさんは積極的に外へ出かけています。

「月曜は天神へ行く日。バスや地下鉄ですぐだし、天神にある3つのデパートのカードもつくりました」と笑う。近くの西南学院大学の聴講生になったり、ヤフードームに野球観戦に行ったり、コンサートへ出かけたり、とにかくアクティブです。

また館内のサークル活動にも積極的に参加。「火曜は囲碁、水曜はお習字、木曜はマリナタウンへシャトルバスで買い物に行く日だし、金曜はマージャン。その合間に大好きな読書のために図書館へ通っています」という毎日。

来客は? 親族を招待してお祝いを

 土日はすぐ近くに住む姪一家が訪ねてくるため空けているのだとか。「妹一家、弟一家も集まります。お正月や何かの記念日には親族を招待してお祝いすることもあるんですよ。スカイラウンジや個室のダイニングを利用できるし、美味しい料理も用意してくれますから」

関東から訪ねてきたお友達と天然温泉に入り、ダイニングで食事をすることもあるそうですが、必ず「うらやましい」と言われるとか。Aさんは「福岡を選んで本当によかった」と語ってくれました。

アクティブに毎日を過ごすAさんは、第2の人生を大いに満喫していらっしゃいました。

ちょっと一息。そこまでお散歩でも…百道ライフACTIVITY LIFE in MOMOCHI 春の花と散策情報

アンペレーナ百道がある百道浜周辺もすっかり秋の気配です。よかトピア通りのイチョウの樹も黄金色に色づきはじめ、街歩きが心地よい季節になりました。爽やかな秋の風を感じながら、ウォーキングへ出かけてみませんか?



ノルディックウォーキングは、専用の2本のポールを使って歩くフィンランド生まれのフィットネススポーツです。アンペレーナ百道では、日本ノルディックフィットネス協会(国際ノルディックウォーキング協会公認)認定のインストラクター資格を持つ職員がサポートして、月2回アクティビティとしてウォーキングを実施しています。

①90%の筋肉を使う全身運動
②膝の関節、脊髄への負担を軽減
③長時間歩行もらく
④正しい歩行姿勢に
⑤手術後のリハビリにも効果的
⑥年配の方々にもおすすめ
⑦腰痛防止にも効果的
⑧理想的な新スポーツ

アンペレーナ百道のご案内

世界のお茶専門店ルピシア福岡店
ティーサロンを併設した、世界のお茶専門店。常時約200種と豊富で、季節に応じたおすすめの商品なども提案しています。お茶に合うスイーツも評判です。
10時30分~22時00分※サロンは11時00分~※オーダーストップ21時00分
住所:福岡市早良区百道浜1-3-70ハイアット・レジデンシャル・スイート福岡1F (電話番号:092-844-0333)


磯野公園
西新に約3年間住んでいた長谷川町子さん。当時海岸線だったこの一帯を散歩しながら、サザエさんの構想を練ったそうです。2007年に設置された『サザエさん発案の地記念碑』には誕生の物語が描かれた陶板も埋め込まれています。
住所:福岡市早良区西新6西新一号緑地(ローソン福岡西新六丁目店前) 


福岡市総合図書館
館前の広々とした遊歩道には、季節の花々が植えられた水路があり目を楽しませてくれます。
火曜~土曜:午前10時~午後7時※映像ホールは午後10時まで/日曜・休日:午前10時~午後6時
住所:福岡市早良区百道浜3-7-1(電話番号:092-852-0600 )


百道中央公園
芝生広場や大型遊具なども設置されている広々とした緑いっぱいの公園です。トイレやベンチもあり、休憩なども可能です。
福岡市早良区百道浜3-2(電話番号:092-811-7200【福岡市スポーツ振興事業団オレンジダイヤル早良体育館】)


百道発信
オリジナルの和の布を使ったグッズや、陶磁器、漆器、琉球ガラスなどをそろえるショップです。味わいのあるファブリック類などは贈り物にも喜ばれそう。
11時00分~18時00分※日祝休み
福岡市早良区百道浜3-3-1 (電話番号:092-834-0333)

アンペレーナ百道のご案内

暑い夏が終わり、急に寒くなる日もあり、体調管理が難しい季節になりました。

みなさんはお変わりございませんか?

アンペレーナ通信第13号をお届けします。今号は、みなさまにも体験していただきたい【ノルディックウォーキング】をご紹介します。
また、気になる「骨粗鬆症」や、ご入居されている方のインタビューなど盛りだくさんです。11月には講演会も予定しております。

ぜひ、アンペレーナ百道にお越しください


アンペレーナ百道のご案内

骨粗鬆症の予防には、食事に気をつけ、適度な運動を心がけましょう。

食事では、まずカルシウムを十分に摂ることが第一です。高齢者はカルシウムの摂取が少なくなりがちなので、特に気をつけてください。ビタミンD製剤を服用していない限り、カルシウムはいくら摂っても大丈夫です。なお、カルシウムは単独で食べてもほとんど吸収されません。腸でのカルシウム吸収には、ビタミンDも不足しないように食事のメニューに注意しましょう。ビタミンDが多い食べ物としては、シラス干しや生サケ、ウナギの蒲焼き、本マグロなどです。

適度な運動は、骨の形成を活発にします。とはいっても無理をすると、逆に骨折の危険が高くなってしまいます。安全に継続することが一番大切ですから、その意味ではノルディックウォーキングは最適です。汗ばむくらいの速さで、毎日最低20分程度歩くのがよいと言われています。

なお、カルシウムの吸収に必要なビタミンDは、皮膚に紫外線が当たることでも作られますので、外出が少ない人は、なるべく屋外で運動した方が良いのですが、日焼けするほどの日光は皮膚の負担になりなります。紫外線対策にも気をつけて下さい。 (相談員)

アンペレーナ百道のご案内

こんにちは「健康管理室」です!アンペレーナ百道では、入居者の方お一人おひとりが、お元気な時、介護が必要な時、それぞれに合わせたサポートを行なっています。介護度が重くなった場合は、介護専用フロアーへの住み替えもでき、安心して過ごして頂くことができます。

●看護師が24時間常駐(注)※
●年2回の健康診断
●日常の健康相談
●面倒な服薬管理のお手伝い
●一時介護室のご利用
●緊急コールや生活リズムセンサーへの対応
●入退院時支援
●協力医療機関等へのシャトルバス運行(注)週38時間換算で常勤9名(内、自立者対応1名)
※夜勤時間帯(18時から翌9時)は介護スタッフ1名・看護ス タッフ1名で計2名。ただし、職員の休憩(1名1時間)によ り、最少時1名となることがあります(平成22年7月現在)。

◎医療法人 白十字会 白十字病院(福岡市西区石丸3-2-1)
◎シーサイドももちクリニックゾーン (福岡市早良区百道浜4-13-4)
しばおクリニック、くろだクリニック、 きよさわ眼科クリニック、KMペインクリニック
◎清本歯科医院(福岡市西区愛宕浜1-13-8)


アンペレーナ百道のご案内

入居者の方や入居を希望されている方からの質問を紹介します。

どのような方が入居できるのですか?

ご入居時に満60歳以上のお元気な方で、百道浜ライフを満喫していただける方をお待ちしております。詳細は、スタッフにお尋ね下さい。